身体のコンディショニング ~もも裏のストレッチ~

皆さんこんにちは! J’s SPORTS BODY(ジェイズスポーツボディ) です。
この度、企業ブログをはじめさせていただきました。

今後は、身体の効果的な使い方やスポーツパフォーマンス向上、ゴルフのスイング改善などに向けたトレーニングやコンディショニング方法を掲載していきます。ご興味のある方は是非読んでみてください!!

さて、記念すべき第一弾の内容は太もも裏の筋肉のストレッチ方法です!

皆さんは、立った状態で手を床につくことが出来ますか?


この画像は、当施設のスタッフが行ったものになります。画像のように指先がつく人、手のひらが完全につく人、まったく床に届かない人様々だと思います。

太もも裏の筋肉の硬さは立位姿勢不良の原因となることがあります。そして姿勢不良から身体の筋バランスが悪くなり、スポーツパフォーマンスの低下や腰痛などにつながる恐れがあります。

そこで、今回はストレッチを紹介しようと思います!
是非行ってみてください!(^^)!

〇ストレッチ方法
1.足は腰幅に開き、腰の高さほどの台の上に両腕を置きます。


2.図のようにお腹と股関節を出来るだけ近づけ、頭から腰までを一直線にします。
・その際に重心の位置は靴紐と股関節の位置が一直線になるようにします。


3.胸の位置はそのままでお尻を上に上げていきます。
・その際、両足で地面を蹴ることが大切です!蹴ることでもも前の筋肉が収縮し、生理学的な観点からもも裏の筋肉が弛緩します。そのため、効果的にストレッチすることが可能です。
・また、お尻を上げていく際に骨盤が丸まってくるとストレッチ効果が軽減してしまうため注意してください!

4.ストレッチ感を感じながら10回繰り返し行います。
・痛みが出るまで無理に行うと筋肉が短縮しようとする力が働きます。そのため、筋肉を伸ばそうとしてもうまく伸びなくなります。
自然に伸ばすことの出来る範囲で行いましょう。

これでストレッチは以上になります。
皆さん上手く伸びましたか?
伸びなかった人はもう一度姿勢を確認して行ってみましょう!

これがストレッチ後の記録になります。
変化はあったでしょうか?
ストレッチ前後で比較してみましょう!!

手のつく位置が大きく変わっています!

ひとつのストレッチを行うだけで簡単に柔軟性の向上が期待できます。
しかし、継続をしなければすぐに元に戻ってしまうので注意が必要です!!

継続をして、自分の体のコンディションを整えていきましょう(^^)v

J’s SPORTS BODY(ジェイズスポーツボディ)では、整形外科で勤務経験のあるスタッフが医学的な知識と根拠を持ったアプローチを行っています。「身体を思うように動かしたい」、「スポーツパフォーマンスを向上させたい」などの目的がある方、目的はあるが何をすればよいかがわからない方は是非一度当施設を頼ってみてください!
トレーナー一同全力でサポートさせていただきます!

興味がある方は一度ホームページをご覧ください(*^-^*)

js.sportsbodyのInstagramプロフィール: こんばんは! J’s SPORTS BODY トレーナー前田です😃 今回は、山本トレーナーに身体の変化が⁉️ その秘密はこの動画に👆 詳しい方法は「ジェイズスポーツボディー」のホームページ内、ブログをチェック🤗 #腰痛体操 #腰痛予防 #千葉ゴルフ #ストレッチ…
インスタに動画も載っているため是非見てください!(^^)!

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
J’s SPORTS BODY
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見1-1-13 JS Blds.2F
TEL:043-441-3656
FAX:043-441-3624
Email:athlete@js-sportsbody.jp
URL: https://js-sportsbody.jp/
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一