スイング改善は足元から!?~インソール第2弾~

こんにちは。
J‘s SPORTS BODYの岸本です☺
前回に引き続き「インソール」についてより詳しくご紹介させて頂きます。

今回は実際にインソールを装着した状態での動作を確認していきたいと思います。

皆さん、前回の「インソール」の内容はご確認して頂けたでしょうか?
見ていない方はぜひ前回の内容(スイング改善は足元から⁉ ~インソールの重要性~ -J‘s SPORTS BODY-千葉のゴルフに特化したパーソナルジム (js-sportsbody.jp)を見てから今回の記事を読んだ方が面白いと思います!

さっそくインソール装着前後の体幹回旋動作とスクワット動作をご覧頂きたいと思います👣
下の写真を比較してみてください。

《インソール装着》    体幹右回旋 体幹左回旋
▲インソール装着前は右回旋した際体幹が反対側へ側屈し左側に重心が乗っているのが分かります。反対に左回旋は左膝を引き踵側に荷重が乗っている為、左側に突っ込むような姿勢になっています。
《インソール装着後》    体幹右回旋 体幹左回旋
▲インソール装着後では、体幹右回旋で反対側へ側屈する動きが減少し身体の中心で回旋することが出来ています。体幹左回旋では左膝を引く動きが減り踵側に荷重が乗りにくくなった為、身体の中心で回旋することが出来ています。

それでは、足部をアップにして見てみましょう!

体幹右回旋   体幹左回旋
▲インソール装着前は左右の体幹回旋で足が内側に潰れています。
    体幹右回旋 体幹左回旋
▲インソール装着後では左右の体幹回旋で足部の潰れる動きが減少しています。

では次にスクワット動作を見てみましょう。
《スクワット動作》

《インソール装着前のスクワット動作》
▲インソール装着前では踵側に荷重が乗り、爪先が浮いているのが分かります。
《インソール装着後のスクワット動作》
▲インソール装着後では爪先が地面に着き、足底全体で荷重を支えているのが分かります。
  《インソール装着前》  《インソール装着後》
▲また微妙な変化ですがインソール装着前はスクワットした際、右側に荷重が乗っています。しかし、インソール装着後では重心位置が真ん中になり、左右の足にバランスよく体重が乗っています。

では、より詳しく解説する為にフォースプレート(床反力計)を使用して
➀体幹回旋時
②スクワット時
のCOP(足圧中心)の移動を撮ったので説明していきたいと思います。

➀体幹回旋時

《インソール装着前》
▲インソール装着前では体幹回旋時、踵側に体重が乗りやすく、また回旋側足の外側に荷重が乗りやすいことが分かります。
《インソール装着後》
▲爪先にも荷重が掛かり、また回旋側足の内側に荷重が乗っていることが分かります。

②スクワット時

《インソール装着前》
▲スクワットした際、荷重が爪先側に乗っているのが分かります。
《インソール装着後》
▲インソール装着後では爪先側に掛かる荷重量が減り、踵側への荷重量が増えたことが分かります。

これがインソールの効果です!
最近ゴルフをしていて「テイクバックやフォローで股関節に荷重が乗りにくい」「スイングで足の踏ん張りが効かず体重が横に流れてしまう」などの悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
「身体が硬いから」「下半身の筋力がないから」と思いがちですが、足から改善出来る可能性もあります!

難しい部分も多いと思うので、興味ある方はぜひスタッフにお声掛けください☺