スイング改善は足元から!?~インソール第3弾~

こんにちは。
J’s SPORTS BODYの岸本です☺

今回はインソール装着前後のスイング動作とSwing catalystの計測結果を解析していきたいと思います。
皆さん、前回、前々回の内容からインソールについてはご理解頂けたでしょうか?
まだ見ていない方は下記URLから確認してください。
スイング改善は足元から⁉ ~インソールの重要性~ – J‘s SPORTS BODY-千葉のゴルフに特化したパーソナルジム (js-sportsbody.jp)
スイング改善は足元から⁉ ~インソール第2弾~ – J‘s SPORTS BODY-千葉のゴルフに特化したパーソナルジム (js-sportsbody.jp)

「まだまだ難しい…。」「インソールとスイング動作の繋がりが分からない」という方もいらっしゃると思います。
そこで、よりインソールとスイング動作の結び付きをご説明する為、会員様にご協力頂きました。

さっそく、スイング動作から解説していきたいと思います。

《スイング動作》

《インソール装着前》     
《インソール装着後》                                                   ➀トップ位置:インソール装着前では右股関節に荷重が乗らず、体幹が左側に側屈する為左荷重になっています。しかし、インソール装着後では右股関節に荷重が乗っている為体幹の側屈が側屈が減少しています。
 ②インパクト:インソール装着前では右膝が内側に落ち体幹が側屈しています。インソール装着後では体幹の側屈が減少しています。 
《インソール装着前》                 トップ インパクト
《インソール装着後》 トップ  インパクト                                                       ➀トップ位置:微妙な変化ですが、インソール装着前では右股関節に荷重が乗らない為、左膝が前に伸び出し体幹が前傾しています。しかし、装着 後では右股関節に荷重が乗り下半身が安定する為、体幹の前傾が減少しています。
②インパクト: インソール装着前ではインパクト時左足で「壁」をつくることが出来ていない為、体幹(お臍の位置)と骨盤が同じ方を向いています。しかし、装着後では左足が安定し「壁」がつくれる為、体幹と下半身が分離しています。この分離が捻転力を生み出します。  

スイング動作、如何でしょうか?
細かい変化の為、「変化が分かりにくい…。」と感じている方もいらっしゃると思います。
そこで、当施設に取り入れている「Swing catalyst」を使用し、足底圧から体重変化を分析していきたいと思います。

➽「Swing catalyst」とは横方向へ動く力(Horizontal)、回転力(torque)、地面反力(vertical)、足底圧(pressure of plete)を計測し地面から受ける力を可視化することができます。

《Swing catalyst計測結果》 
・トップ

インソール装着前(左)とインソール装着後(右)のトップにおける足底圧(pressure of plete)
※インソール装着前では爪先に体重が乗っており、右側に掛かる荷重量も77%となります。しかし、装着後では足全体に荷重が乗り、右側に掛かる荷重量が90%に増加しています。

・インパクト

インソール装着前(左)とインソール装着後(右)のインパクトにおける足底圧(pressure of plete)                           ※インソール装着前では早い段階で左脚に荷重が乗り、さらに爪先に荷重が乗っています。この状態では下半身を安定させ「壁」をつくることが出来ません。しかし、インソール装着後では右脚全体に荷重が掛かっている為、下半身が安定し「壁」をつくることが可能になります。
インソール装着前(左)とインソール装着後(右)のインパクトにおける横方向へ動く力(Horizontal)

ご覧の通り、足底圧と横方向へ動く力(Horizontal)の数値が上がっていることが分かります。数値が向上することで下半身を安定させより体幹を意識したスイングが可能になります。
「足元からこんなに改善出来るんだ!」と思って頂いた方や「もっと詳しく知りたい!」という方はお気軽にスタッフまでお声掛けください☺